車検をどこにお願いすべきか、それぞれの特徴

車検は整備工場で?それとも

車検は車を乗り続ける以上避けては通れないものです。一般の乗用車の場合2年に一度は必ず受けなければなりません。大抵の人は、購入したディーラーや整備工場に持ち込んで車検を受けることでしょうが、実は他の手段でも車検は受けることができます。いわゆるディーラー車検の他、最近増えてきたガソリンスタンドでの車検代行サービスや貴方が自ら車検を受けるユーザー車検などがあります。それぞれ車検を通すために行う最低限のことは同じです。では何が違うのでしょう。

コストを重視するユーザー車検

実は車検は、最低限の保安基準に合格していれば大丈夫です。よく市販品で保安基準適合品というアフターパーツを販売していますが、純正品でなくとも保安基準を満たしていれば問題がない場合も多々あります。どちらにしても、故障している部分を修理することが車検ではありませんので、極端な話何もしなくても車検を通る可能性はあります。そこで所有者自らが車検を受けるいわゆるユーザー車検でコストを抑えることができるわけです。

ユーザー車検は危険ですか?

ユーザー車検は、所有者自らが保安基準に満たしているか確認して車検を受けるものなので、費用は格安で済みます。国が行う試験に合格すればまた2年間は公道を走るお墨付きをもらえるのですから、危険なことではないと思います。ただ、ここで確認したいのは、ディーラや整備工場では車検と同時に24ヶ月定期点検を行っていることです。定期点検は文字通り、車両の状態を点検し不具合箇所を修理するものです。ユーザー車検では、この点が抜け落ちていますので、万が一故障して路頭に迷うとしても、自己責任ということになります。

ユーザー車検を軽自動車で受ける場合は普通車の車検場と異なり、各都道府県の軽自動車検査協会で受ける必要があります。土日には行っていない為注意が必要です。